StudentDream Forums
Get to know each other and share knowledges
HomeFAQSearchMemberlistUsergroupsHome Register
ProfileLog in to check your private messagesLog in to check your private messagesLog inLog inPhoto Gallery

篆刻流派や

 
Post new topic   Reply to topic    StudentDream Forums Forum Index -> Give advices to the opposite sex
View previous topic :: View next topic  
Author Message
kbqndll



Joined: 27 Sep 2013
Posts: 8

PostPosted: Fri Sep 27, 2013 9:10 pm    Post subject: 篆刻流派や Reply with quote

陈豫钟、字を浚う計、号秋堂、浙江銭塘人に生まれ、清乾隆二十七年(1762年)、卒は嘉庆十一年(1806年)、性の良い金石文字、収蔵何豊、尤精墨拓、印宗丁敬に追い、秦漢と、時の人陈曼生相友、世によると二陈。
陈鸿寿、字は子恭、号マン生、マン寿、マン公、挟み穀亭长、種楡道人など、浙江銭塘人(今杭州)に生まれ、(1768年)になくなる(1822年)、西冷八家の一人、喜研詩画、尤精会社実印を彫る、後世、その分類実習は浙江正宗は、集『種楡仙館印譜』、『種楡仙館詩集』など。
胡唐、字は子西、初名の庚、号詠陶、別号城東居士、安徽歙县人。巴慰祖甥、1759年生まれ、卒は1826年、一生や印鑑を彫る、行書ながら項尤精、時の人と巴慰祖と巴、胡。その後の赵之谦に受けた影響。
吴熙载、本名廷飏、日の別称させ、翁、晚学居士など、江蘇儀徴人に生まれ、清嘉庆4年(1799)年、卒は同9年(1870)年のそのはんこ屋作品が多くの自然の感じに動く。
钱松、字のおじさんをカバーし、初名松の如く、号耐靑、未道士、雲と魯山人など。浙江銭塘人に生まれ、清嘉庆二十三年(1818年)、卒、咸豊十年(1860年)、その当時浙派破る印鑑を彫るスタイルの鋸鑿アゲハの習気で、オリジナルは1種の的中する帯削りの新さばき、風格、当時の西冷印壇に新風容貌を後の吴昌硕に倣う。
徐三庚、浙江省で生まれ虞人、清嘉庆年間、卒于光绪16年、印鑑を彫る若い習陈鸿寿、赵之琛40後、直接取りトウ派小篆入印、その影響に清江浙江一帯に遅く、日本円山、秋山2人が日本から遠いからその学印、その影響は遠くから日本印壇。
赵之谦(1829-1884年)、字益甫、号悲庵、無つまらなくてなど、浙江会稽人(今浙江紹興)、彼は書物の、絵画、彫刻の方面はすべてきわめて深い造詣、特に篆刻の方面で、彼を追求してきた「印外求め印」が、後の世代が推賞。篆刻作品を採用し、さまざまな体篆書入社印。趣味が幅広くて、お金は、レンガ、銅鏡などすべてに。
胡(1840-1910年)、字匊隣、号老鞠、晩翠亭长など、浙江崇徳人喜詩印章を彫る、尤長模刻本拓本に模刻本拓本がスプリアス著し『波小さな泊ただ座っ草』『晩翠亭长印蓄える』。
丁尚ユイ(1865-1935年)、字二仲じゃない、署に庚lu河、日、江蘇省南通人。家贫が少ない場合、中年後篆刻知られ。刻印鑑販売切り剣術に任せて自然を採用し、スタイルに優れている。
丁佛言(1878-1930年)、名世峄、号邁鈍く、山東省の黄県人。若い頃曾遊学、日本が好きな研究金石の古代の文字、自著『説文古籀補』。
Back to top
View user's profile Send private message
Display posts from previous:   
Post new topic   Reply to topic    StudentDream Forums Forum Index -> Give advices to the opposite sex All times are GMT - 6 Hours
Page 1 of 1

 
Jump to:  
You cannot post new topics in this forum
You cannot reply to topics in this forum
You cannot edit your posts in this forum
You cannot delete your posts in this forum
You cannot vote in polls in this forum